実は二日前にこそっと復帰してみた。だいぶ追加要素なんかがあったみたいで、もうよく分かりません。世界観的に驚いたのは産業革命。もうそれ大航海時代じゃないじゃ~ん。なんて誰もが思ったのでしょうね。システム面で驚いたのはナポガレとかの強化回数が増えていた事。それから操帆スキルがパッシブになり効果が変わっていた。R20で船速+10%って言ってたから、1Rにつき+0.5%なのかな?こんな効果よりも、パッシブになった事でスキルの配置が変わった事の方が気になった人多いのでは?なんて思った。

さて、とりあえずインしてみたものの何から手を付けていいか分からない状態。ボーっとしていると旧友から連絡があり、とりあえず海へ出てみる事に。行くとしたらやはり・・・。アフリカへ。道中それはひどいもので、疫病やら壊血病になったら疾病学を使う。浸水になったら桶を使う。そんな事の確認から始まったのだった。テヘッ

アフリカ到着までは人が全然いなくて全く獲物にありつけなかったものの、アフリカに着けばそこそこ人がいた。操作面が相当ひどかったので全然スマートじゃなかったけど、航路の読みに関しては全く勘が鈍っていなかった。良かった良かった。初日は都合1時間半ぐらいで4~5隻襲えました。実入りは少なかったけどねん。がしかし!0時を過ぎた所で南アフリカ無法化のご褒美付きだった!これは嬉しい~。

復帰二日目。やはりなにから手を付けていいか分からない。とりあえずは現状を把握する為に一週間ぐらいは狩りに励もう。せっかく無法化してるしね。操作面ではまだまだおぼつかないけど、それでもなんとかなっている。1時間ぐらいの活動で4隻ぐらい襲えた。今日は実入りが多かったぞ。狭織に湖筆、現金も合計で50M以上だ。うはうは。こんなペースで十分楽しめます。

しかし、同業者や討伐者が来たらコテンパンにやられるだろうな。一度アガラス沖でオスマンオレンジネームと目視できる距離ですれ違ったんだけど襲ってきませんでした。実はちょうど狭織を積んでたので来ないでくれ~なんて思ってたんだけどね。まぁそれでも備えはしてたんだけど先方さんがこちらに気付いたのは完全にすれ違ってからの様で、遠くでUターンしてる動きが見えました。船速差から判断してすぐ諦めてくれたようですけどね。名が売れてないと、こういう時に恩恵を受けられる。ステキッ

とりあえず襲われたりしたら授業料と割り切るしかないか。戦闘面は今のところ興味なく、全く戦う気が起きない。当然スキル上げもやる気なし。再びラムを突き刺す日は来るのだろうか。

のんびり狩りでもしながら、どうするか考えよう。

年末特番の目玉はヒョードルが復帰するんだとか。ビックリ。他にもボブサップと曙だとか、山本キッドだとか。

はい。絶対見ません。

さてさて大航海ですが共有倉庫、スキルブック、船内金庫の課金は切れてるもののプレイ期間だけまだ残ってるのでとりあえずインシテミタ。

加護の現状が気になって数人に聞いてみたけど、戦闘自体が好きなら使わない。とにかく勝ちにこだわるなら使うといった所らしい。

という事は青ネームがとにかく討伐だ!!!なんてテンションで来るなら使ってくるんでしょう。と思ってたら青ネームの中にもあれはどうかといった意見もあるそうな。

ふむ~・・・。とりあえず加護には興味が湧かないので加護を使う人に遭遇したら事故だと思って割り切るしかないか。

実際のところ復帰するかはまだ分かりません。が!

今年お世話になった方達ありがとうございました。よいお年を!

お陰様でなんとか仕事決まりまして。無事、転職成功致しました。なんとか年内の内に決める事が出来て良かった良かった。今までは主に知り合いのツテとかで仕事してきたから、ああいうガッツリと面接みたいのは緊張しますな。

面接当日、面接する前に少し説明と適正診断?みたいなやつやらされたんだけど、その日参加してたのは自分含めて二人。もう一人は地味目な女性の方で、特に言葉を交わす事もなく無関心でおりました。

担当の方が来て、二人で説明を受ける。地味目な女性の方は緊張気味なのか受け答えする声も小さい。適当に説明を聞いた後、適性検査をする事に。目の前にはパソコンがありこちらを使ってくださいとの事。

しかしここでちょっとした事件が起こる。まずは名前を入力という所で、半角全角切り替えてもアルファベットになってしまう。ああ、Caps Lockポチっとな。

よし、カタカタカタ・・・。あ・・・またアルファベットになった・・・。ここで思わず「ん?」と声を出してしまった。どうやらCaps Lockキーがイカレテルようだ。続けて「少々お待ちください」と言い、Caps Lockキーと戦いながら名前入力完了。

もしかしたら、コイツ名前も入力できねえのかよ!なんて思われたかもしれないけどまぁいっか。こういう時はまぁいっかで思考停止させて作業を淡々と続けるべきだ。

うわ~どうしようどうしようと思いながら何かすると、絶対に力は出ない。だから強引にでもまぁいっかと思考を止める。そんな処世術。

しかしこれをきっかけに、ある人物に明らかな変化が見られた。もう一人の面接を受けに来た地味目な女性。恐らく、この人は「コイツ名前も入力出来ねえのかよ!ザコが!」とでも思ったのでしょうか・・・。

適正検査には色んな項目があるんだけど、項目が変わる度に少し説明を受ける。その時の返答がイキイキしちゃってる。さっきまでボソボソと返事してたじゃん・・・。でも今めっちゃイキイキしてるじゃん・・・。急にどうしちゃったの?ねえ・・・?

まさかこんなところで人の心理を垣間見る事になるとは・・・。やだやだ・・・。

その後はCaps Lockキーの機嫌がよくなったのか、特にトラブルもなく無事完了。内容はまぁ仕事に関する事とか、今流行りのストレスチェック?みたいのとか。

ストレスチェックの結果。「あなたのストレス度はゼロです。」だって。頭空っぽでごめんなさい。

そんなこんなで面接になり、結果受かったのでまぁいっか。

さて、しばらくインすらしてない大航海。なんちゃらの加護とかって効果があるらしい。砲撃無効とかあるんだってね。しかも対人で有効とな・・・。

ナニソレって事で復帰は見送り中。倉庫やらその他諸々課金は切れてるからインしてもなにも出来ないんだけどね。

さてどうするかな~。

実はマディの中の人は自分で言うのもなんですがとある分野に精通していまして、あくまで趣味でですがそれについての情報なり諸々をまとめていました。

目処がついたらそれをどこかで公開して、その分野の入口もしくはきっかけになれるような場を作れればいいななんて考えてたり。

とは言ってもそっぽ向いてる人までこっちに向かせようっていう様な壮大な話じゃなく、こっち向いてるならなんかの足しにはなるかもっていう程度。あくまで個人でやる事なんでね。

しかしこういう事をするとあやふやだった部分が明確になっていいですね。色々と再確認が出来て良かった。

目をこすりながらも都合6時間くらいかけ、一部分については8割くらい出来上がったかなという所でコーヒーブレイク。一瞬夢の中を彷徨いましたがキリのいい所までやってしまおうと再びパソコンとにらめっこ。

あれ・・・?全部消えてました。発狂しそうなマディです。どうもこんばんは。DOLに関係無い話はここまで。

確か大海戦の記事とか書いてあったけど、今更感が凄いので無かった事にしておこう。

さてさて、最近はというとリアルで転職準備中の為なかなか時間が取れずろくにイン出来ておりません。落ち着くまではあまり遊べそうにないかな。

そんな大航海。先日アプデがあったみたいで実は極地探索用ボムケッチに海賊船として期待していたんだけど・・・wikiを見てみるといまいちだった。

4スロ、船首砲あり。見た目良しなんだけど、容量も普通だし帆数値もボチボチ。残念。冒険家の趣味船なんだろうか。見た目が良いだけにもったいない。

続いて軍艦のドーファンロワイヤル?耐久高いわ容量少ないわ5回強化だわで、軍人の人らは真っ先に造るんでしょうな。

あとは航行技術やら兵器技術やらがR15まで解放されたんだとか。新しいOPスキルがその内出てくるんでしょう。大提督ゲーになってしまうんでしょうか。はたまた新しい職が追加されるんでしょうか。

あとポセイドン神殿だっけ?実入りが無くてもいいから一回は行ってみたいかな。

追加要素はこんな所だっけ?とりあえずリアル落ち着くまで小休止という事で。ではではノシ

金欠だったけど、トロンプを回していてだいぶ懐が温まったな。と思ったら、鍛錬具買ったりしてまた懐が寒くなりました。どうもこんばんは。

いつまでこのサイクルが続くんでしょうか。しばらくはこれ以外に資金を回す余裕ないだろうな。

お金を稼ぎつつ気持ち程度に銃撃上げも同時にやっていて、現在R14と半分ぐらい。特にお守りを使う訳でもなく自給500ぐらいの熟練をちまちまと稼いでおります。

十分に利益は出るから、店売りの雷王でも買ってみようかな?なんて思わなくもない。

そして装甲上げの為の最高級ルビー量産に向けて、工芸持ち副官もトロンプ回しのついでに育成中。もうすぐ特性値がオール100になるので、板金の自宅生産をする必要がなくなったらそちらへ移行しよう。まぁ一ヶ月以上は先になると思うけど。

装備品の強化が落ち着いたら、メインは自宅生産で最高級ルビーを作りつつ、サブをセイロンへ送って赤鉱石を採集→ディエゴガルシアのファームで作成という流れにしようかな。

同じことの繰り返しでだらだらとトロンプを回してる事が多いけど、自分の海賊プレイを冷静に見直す時間にもなるんですな。

つい最近の事だけど、とある航海者を襲った際に「積荷はやる!」「だから通してくれ!」とのお言葉を頂戴した。もちろん襲う前というか、クリック直後になるけど一言二言声をかけている。

そういう事ならと、「ならば停船せよ 危害は加えない」所持金と積荷を聞いた後、所持金の半分と積んでいた南蛮品を300個頂いて、そのまま解放したわけです。

これだよこれ。やっぱこういうのが楽しいじゃんね。

日によってはやけに青旗航海者に遭遇する事が多かったり、ログア逃げされる事が多い日だってある。無言で上納ポイッとされる事なんてざら。

でも中にはなんかしらの反応をくれる人だっている。だからせめてそういう人には停船勧告して条件を提示。応じてくれれば危害は加えずにその場を立ち去る。

なんてプレイをちゃんとやってみようか。応じてくれない場合は例にもれず収奪させてもらう事になるが。

現状だとこの辺のモチベーションをキープするのは難しいんだけどね。

でもそんな今だからこそ、やる価値があるかもしれない。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。