大海戦用に小型船と中型船を新たに設計。

今乗っているのは航行能力に振り切った曳航用カッターと武装沙船。共に夜戦木製装材でリビルドボーナスは加速強化1、2。それに帆、旋回、対波、耐久もマックスにしてある。

でもこれだと指令船の封鎖解除がスムーズにいかない場合、戦闘を余儀なくされる場面ではやはりキツイか。という事で新たに造りたくなったのです。

設計方針は航行能力を確保しつつも、それなりの戦闘にも耐えうる船。なので木製ではなく金属装材で。専用艦スキルは共に急加速。

まずは小型船。

改めて小型船のラインナップを眺めていて目に留まったのは護衛用カッター。帆性能では曳航用カッターには劣るものの、ガンボートよりは優れている。そして白兵戦回避が付くというのが一番の売りなのかな。

封鎖艦隊に絡まれて、リングアウトギリギリで捕まってしまう事もたまにあるので白兵戦回避は有用かなとも思うんだけどね。ただ砲スロットが2スロというね。

航行能力なら曳航用カッター>護衛用カッター>ガンボート。

戦闘能力ならガンボート>護衛用カッター>曳航用カッター。

こんな感じなのかな。

ガンボートをガチ戦闘仕様で造るんじゃなくて、航行能力にも割り振った仕様で造るのもありな気もするんだけども・・・。

どっちがいいかな~。とりあえず気になったので護衛用カッターを造ってみよう。

続いて中型船。

武装沙船は縦帆型で補助帆も5枚付く。元々の帆数値も高いので航行能力はかなり高いんだけど、容量が多いから戦闘開始後の初速、戦闘離脱後の初速が少し気になっていた。

この問題を解決すべく、容量と帆数値に注目しながら中型船のラインナップを見ていると・・・。なかなかいい船があるじゃないですか。

将官用コルヴェット。もうこれ一択ですかね。

OPスキルも医療支援、修理支援、切り込み網、司令塔、連携強化、機雷除去と豊富。ただOPスキル付与に使う部品でも航行能力を確保したいので、旋回値が上がる切り込み網と連携強化がいいかな。

中型船は将官用重キャラベルと武装沙船の人が多いだろうから連携強化を旗艦が持ってるというのも利点になるだろうし。

そしてリビルドボーナスだけど、小型も中型も1枠は船室強化の予定で、もう1枠はどうしようか決めあぐねている。加速強化1を付けるか、装甲でも上げるか、なんかしらのスキルを継承するか・・・。

なんとも悩ましい。

工作は小型・中型が勝負だと思ってるので抜かりなく設計しよう。

来週はイスパ対ポルの大海戦です。工作隊で参加したい方、どうぞ奮ってご参加くださいませ。

うちの艦隊は相変わらず欠員が出てます。どうぞ奮ってご参加くださいませ。

大事な事なので二回言いました。
スポンサーサイト

通常営業時は竜首船で颯爽と外洋を駆け回り狩りを行っているわけですが、速度のみを追求した設計なので戦闘能力はほぼ無いわけですね~。

同業者、もしくは討伐者が同海域をうろついている場合、撒く分には全然余裕ですが仕留めるとなるとこれがなかなか厳しい。

安全に危機を脱し、軍艦に乗り換えて迎撃するという手もあるけどいちいちそんな事したくない時もあるわけで・・・。

という事で、そんな時用に新たに一隻造ってみました。

レイジー

レイジーですね。以前、無頼殿のブログでレイジーの記事を見て以来気になってた一隻。

プリマス造船なのでイング造船家様にご協力頂きました。横帆ギリギリの設計だったけど新造時にピンポイントで大成功という神引き。お陰様でその後安心して強化する事が出来ました。この場を借りて改めてお礼申し上げまする。

使ったパーツはなんかの時に使おうと保管していた大ストを2個使ったぐらいで、その他ブルジョワパーツは特に使ってない。それにしては結構いい性能じゃない?更に乗船条件が冒険52交易21海事75というなかなか緩めな設定。

このコンセプトで造るならハインドが比較対象になるかな。あれも凄く優秀そうだけど、冒険レベルが高めだから至高の船って感じ。でもこれは冒険上げなんかサボった不真面目な海賊の為って感じ?wそんな所もなんかいいな~ってね。

そんなレイジードフリゲート。帆数値もなかなか高く、容量もかなり少ないから結構速そうに思うけどどうだろう?

航行能力も戦闘能力もそれなりだけど、そんな所がなんとも海賊船らしいじゃないですか!!!ステキ

オプションスキルは重量つけるのは決定で、もう一つを轟音にするか強化砲門にするかそれとも何も付けないかで凄く迷った。最終的に強化砲門を付けたんだけど。

なにぶん船員が少ないもんで、掴まれたら結構やばい。というか致命傷です。轟音踏んでくれてコンハク取れればいいけど、バッチリ対策されたらもう意味ないしね。

どうせ砲撃で押すしかないって事なら強化砲門付けとこうって事で。強化砲門って戦い方にもよるけど意外とばかにできないしね。

その内貫通上げもしようと思ってるので、その時にも使えそうな船じゃないですかね?ムフフ

さて、とりあえず2時間程この船で狩りをしてみたんだけど、さすがにカリカリチューンナップした竜首船と比べると速度が落ちるかな。当たり前か。でもギリギリこのラインならまぁ及第点かっていう感じ。

竜首船の場合は多少無茶な仕掛け位置でもなんなく収奪できたけど、同じ感覚で仕掛けたら一件だけ取り逃がすという事態が発生。なので今度は余裕を持って仕掛けようとしたら、直前に青旗ニョキっとな・・・。

(´・ω・`)

ま、その時その時の状況に合わせて乗り換えて行こう。とりあえず乗り味に慣れる為に数日はこれで狩りをしてみようかな。

なんか海賊船ぽくて気に入っちゃった。

新船、将官用ラ・レアルを造ってみちゃいました。

他にやる事は山ほどあるんだけど、まぁ・・・しょうがないやねw

造りたくなっちゃったんですもの!

さて、将官用ラ・レアルですが強化で付くオプションスキルは漕船補助、強化衝角、直撃阻止、先制攻撃、副官室、司令塔です。

ガレーに司令塔が付くのは初めてですかね。

特徴としては装甲が35と高め。ただし補助帆が2枚しかつかないって所でしょうか。

まぁどの船もある程度そうだと思いますが、この船も人によって強化の方向性が変わってくるでしょう。

というわけで今回造った船はこちら。

将官用ラ・レアル

まぁ見て頂ければ分かると思うので説明不要ですかねw

切り込みをスキル継承して、スキル枠追加で・・・もうオプションゴリゴリのモリモリですw

コンハク怖いよ~wって感じですね。

まぁせっかく司令塔が付くんで試しにやってみようかなって。

あちこちで成功と失敗が入り乱れる船となってしまいましたが、試作機なのでまぁいいでしょう。

でも耐久と漕力失敗はちょい痛かったかな~。

船名は「Needles & Pins」号。

まぁ慣用句みたいなもんで、ビクビクしてるみたいな意味ですねw

シャッキー・デ・シャノンからサーチャーズ、ラモーンズと歌い継がれた名曲から拝借。

歌の中では元カレを見つけちゃって、ビクビクコソコソしてる淡い恋心みたいのを唄ってるんですが、まぁコンハクにビクビクしてるって事でねw

容量はナポやヴェネガレなんかと変わらないのでとりあえず減量で。

というわけで早速、ラムダメージと乗り味の確認の意味も含めて最近売り出し中?のぷるるんに数戦だけ相手してもらいました。

とりあえず確認できた最大ダメは800オーバーって所かな。

減量とはいえ条件揃えば1000オーバーも可能かも?まぁそこまで出なくても、減量艦で800オーバー出せれば特に問題無し。

ただ舵の効きが少し気になったかな~。

今までの感覚で舵切ってたらおケツに痛いの何度かもらってしまった・・・w

特に大きく舵を切った際に2回目の旋回タイミングが気になったけど、強化フルつけて旋回15だとあんなもんなのかな?

ぷるるんにも言われたけど、なんかモッサリって感じ。

まぁこれはもっと戦闘重ねていけば慣れるかな?舵の切り方変えればいいだけだし。

そして実は、密かに温めていた新ラム戦術も試してみました。

ラムの場合、基本的に発動するスキルは漕ぎ、水平、弾道。

状況次第、特に白兵抜け後なんかは除去や回避、弾防御も。みたいな感じですが、やはり攻撃的なスキルを使う事の方が多いです。

ラムラーは攻めてなんぼだと思ってますからw

で、基本的にラムを決めに行くときは漕ぎ水平弾道を発動して砲撃&ラムアタックとするわけです。

あえて砲撃せず先にラムを決めた後、船尾に砲撃入れる事もありますけどね。

そして今回試したのは速度に乗った状態なら直前に漕ぎを切って、速射入れてみるのもいいかもなと思った訳です。

横砲撃→ラムアタック→船尾に砲撃という三段攻めができるかなと。

最悪ラム不発で掴まれても、速射いれてるからコンハク取れる可能性がある。

まぁコーヴァスつけてるわけじゃないんで、そのまま拿捕れるなんて事はそうそうないとは思いますが、相手は嫌がるはず。

ラムだけじゃないぞ!なんてね。

そしてこれをさらに応用させれば、決めにかかる場面なんかでは速射を貫通に変えてもいいかもしれない。

まぁそこまでは試せなかったけど、手ごたえはあった。あとは精度を高めていかないとな。

と書いてて今思いついたけど、さらにその応用編。

速射を入れて砲撃→ラムアタック→速射を切って貫通を入れて砲撃という三段攻めもいいかもしれない。

ただこれだと操作が間に合うかな?という心配が・・・。

でもこれが出来るなら一番理想的かもしれないな。

いずれにせよ先の三段攻めを軸にするなら、キャノンより装填の早い改良カロ、もしくは変性カロもいいかな?という気もしなくもない。

一応砲術家、砲術R20の状態でやったのでキャノンは7秒装填。速射入れて4秒だっけ?5秒だっけ?

これでいけるのか、1秒早いカロの方がいいのか・・・。

でもキャノンは砲術R16~19では8秒装填。R20になって初めて7秒装填になるので、せっかく砲術家でやるならこの恩恵を受けたい気もするんだけどな。

まずは砲術R20のキャノンの装填時間と、この船に慣れないと。

まぁ色々試してみよう。


大浸水ってやっかいですよね。回避無効に加えて、船速低下ですから。

しかも、現状だと排水ポンプでしか回復できない。もしくは時間経過?

模擬やってる人達ならポンプは必須なんでしょうが、海賊が乗るような船にポンプなんてついてる訳がありません。

そんな大浸水に至らしめるには、現状3つの手段があるのかな?

他にもあったらごめんなさいw

まずは特殊機雷でしょうか。サーヴェイが代表的な船ですよね。実はロワにもつくんですな。

踏んだら大浸水。その代わり機雷ダメージは半減。

ちなみに、轟音も機雷ダメージは半減ですね。

どちらも上手い人が使えば凶悪なオプションスキルです。

続いて、破壊工作。

破壊工作はよく分かんないなぁ~。

肉を切らせて骨を断つ戦法?

艦隊戦では役にたつのかな?

破壊工作愛好家の方がいたらごめんなさいw

そして最後に、特殊衝角。

特殊衝角はラムを当てれば大浸水。代わりにラムダメージ半減。

が、強化衝角も付いていれば打ち消しで、強化衝角のダメージ+大浸水になる。らしい・・・。

いつか検証してみます・・・。

使い方としては二通り考えられる。

やはり、特殊衝角と強化衝角をつけてラムのごり押し。

これにすると、漕船補助と機雷除去を付けて出来上がりなのかな。

次に、特殊衝角のみ。

ラムダメージには期待せず、相手を大浸水にする事のみを目的とするもの。

となると、兵装の一つはラム外してもいいだろうし。

多少戦術の幅は広がるのかな?まぁでもたかが知れてるか・・・。

オプションの構成は特殊衝角、漕船補助、機雷除去、あと何か。が可能か。

ただ、大浸水にした所でどうやって相手に勝ちきるのか。ここが問題だな~・・・。

ちなみに、FS強化で特殊衝角がつくのは無印ガレアス、重ガレアス辺り。

ん~面白いかもw

まだまだ現実的なラインでは考えてないけど、頭の片隅には置いておこうかな。

ヒマな時にでも色々検討してみよ~っと♪

~追記です~

水密隔壁を忘れてました・・・w

そもそも浸水にならないですねw大浸水もw

艦隊用の船には水密つけてる人が多いと思うので、特殊衝角を使うとしたらタイマン用になりますね。

ご指摘いただいたシャンファさん、ありがとうございます。

なんだかんだでようやく新しい軍艦が出来た。ラム仕様のヴェネガレだ。

実はかれこれ一か月以上実験に実験を重ね、船種が決まったのはつい先日の事。

そしてようやく造船にこぎつけた。

最新の船に比べると、色々と劣る部分が多いけどねw

でも純粋に強化でラムオプションがつくという、ラムラーにとっては最高の一隻。

決してネタではないのであしからず。本人は至って真面目ですよ?w

FS強化で漕船補助+強化ラムがつくという事は、リビルドボーナスでスキル継承する場合の自由度が高い。

これは個人差あるだろうけど、自分の場合は白兵対策として切り込み防止網を選択。

ラムラーにとって白兵屋は永遠の敵なのでね。

リビルドボーナスを船室強化にして、その分兵装を船室以外に振ってもいいかもと思ったけど、多少船員が少なくても防御という観点からすると切り込みの方がいいかな~というね。

そして専用艦で機雷除去。

焼き討ちという超強力なオプションスキルは今回は見合わせ。

変化球無しの真っ向勝負のラム艦だ。

船名は、船の用途や特製に沿って自分の好きな曲から拝借している。

今回はストーンズもカバーしたブルースナンバーから。

「KING BEE」号の完成だ!

ちなみに、紋章はこの船専用でホーネット。キングビーだからね。

KING BEE号

そしてこのスキル構成、実はオスガレでも出来るんだけどオスガレだと機動力が無い。

減量で作ってもたかが知れてる。漕力も低いしね。85だったかな?

それに引き換え、今回のヴェネガレは漕力113。成功引けてたみたいだ。

替わりに装甲で失敗・・・。まぁこればっかりは仕方がないw

漕力が高めという利点を活かす為に減量で作った。

一発は無いけど、ボディーブローを何発も打ち込む感じ。

手持ちのオスガレ、焼き討ち付きの「Light My Fire号」とは真逆の仕様で作った。

欲を言うともうちょっと旋回が欲しかったけど、これ以上は無理。

強化回数が多いとはいえ穴だらけの船なので、実質その穴埋めにほとんど費やしてしまうのでね。

漕力の代わりに旋回に振っても良かったけど、短い助走でもラムダメージを安定させる為に漕力を選んだ。

なんでもそうだけど、落とし所ってやつを見誤らない様にしないと。

という訳で、普段乗ってる汎用艦に専用艦で強化ラムつけてたけど、あくまで汎用艦として障壁に付け替えた。

船名も改めようか。

これにて密かに実行していた「いつでもラムラム大作戦!!!」は終了。

純粋に戦う時のみ、ラムを当てようじゃないの。

刀は普段鞘にしまっておくものだしねw

実戦投入はいつになるか分からないけど、とりあえず進水式だけ済ませておいた。

KING BEE号 進水式

時代錯誤もなんのそのぉーーーーーーーーー!!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。