ポチ・・・。ログインしてみると杭州にいました。なにをやってたのか覚えてない。職はフィリバスタ。ん~・・・やはりなにも覚えてない。せっかくフィリだし、とりあえずEUまで漕ぎ漕ぎしようって事で出発。航海者は二人か・・・。

セレベス海に入ると一人。途中見かけたのでつまみ食い。砂1を入手しました。しかし色ネームがいないな?ジャワ海ならさすがにいるか・・・?なんて思っていたけど一人もいませんでした。その後アフリカからカナリア通って帰ってきたけど全然人がいなかった・・・。

そりゃあそうだよね!だってさ!!鉄道が実装されてるんだもんね!!!

びっくりしたよ。ぷらぷらしてたら数人の方からテルを頂き、商会にも戻ったら現状を色々教えてくれたんですが今の南蛮ルートはアジア→サンフランシスコから鉄道でボストン→EUらしい。それでコッド岬沖が主な狩場になってるそうな。

アフリカオワタ\(^o^)/

なんて思ったのは2秒だけで、世界地図と睨めっこ・・・。ボストン張るのは現役の方々にお任せしてと・・・。やっぱりね、遠洋で高速巡行中に補足したいわけですよ。その方が楽しいじゃん?てことでね、面白そうな所見つけちゃった。候補は二つ。

まず一つ目はアゾレス近辺。ここは何といってもEUから近いから拠点を構える必要がない。南蛮品を頂戴したらそのままEUで売り捌けるという嬉しいメリット。日帰り温泉気分ですよ。その代わりといってはなんだけど、アゾスク修行生がいつもいるでしょうか。検索する際に紛らわしいかも?あとスキル上げ用とはいえ軍艦がどっさりいるのはあまり景観がよろしくないですね。うむ。

二つ目はハワイ。色ネームでも制限なく鉄道は使えるらしいので、ハワイに拠点を構えて奪った南蛮品が溜まったら持ち帰ればいい。今までのアフリカ生活と同じような感じ。「住まいどこ?」「ハワイ。」なんていうウハッな生活が出来ちゃいます。こっちの方が面白そうかな?ただハワイ沖は若干広いので慣れが必要になるかも。実行に移す時が来たら下調べしておこう。

とりあえず誰に聞いても漕ぎ練成は速い速いというのでもう漕ぎ上げします。練成しても結果、通常営業時は帆船に乗るっていう選択肢も無くはないんですが練成してみないことにはどんな感じかわからないですからね~。とりあえずやってみます。しかし板の強化も終わってなかったのでせめてそれだけは終わらせたい。という事で漕ぎは委任放置で上げて、サブで採集やらをしながら錬金強化関連の着手という感じにしばらくはなりそうかな。
スポンサーサイト

なかなかに忙しい日々が続きすっかり忘れていました。ブログの更新頻度を見る限り6月に少し復帰していたらしい。でもほとんどやってない気がするな。確か漕ぎの練成がめちゃくちゃ速いみたいな所で止まってた気がするんだけど、戦闘にもならなかったから漕ぎ練成の脅威を体感しないままだったような・・・。

まぁいっか。とりあえず近々復帰を検討中。で、復帰したらどうするかだ。

確か装備品やら船部品の強化やらが未完成だったのと、漕ぎも未練成。そもそもカンストしてない。とりあえず装備品や船部品は戦闘しなけりゃ関係ないからいいや。戦闘なんて二の次三の次。まずは快適に狩りができるか。緊急時にきちんと対処出来るか。これをクリアしてからじゃないと戦闘なんてやる気起こりません。

さて、問題は漕ぎだ。高速帆船と漕ぎ練成ガレーどっちが速いんだ?移動速度って意味でね。今までの認識だと最高速は帆船、初速はガレーって感じなんだけども。ガレーの最高速が帆船に匹敵するぐらいなの?

今まで乗っていた海賊仕様の竜首船、感覚的に言うと遠洋で最高速度に乗った状態の交易船はウインドジャマーだろうとハイクリッパーだろうと船種問わず補足可能。冒険家の乗るハイクリッパー等はギリギリな所で、相手の操縦次第では補足可能って所だったかな。まぁ冒険家は実入りがないのでいいんですが。これくらいの速度がガレーでも出るんだろうか?もし出るならちょっとやる気でちゃうかも。

まぁこのまま竜首船に乗るって手もあるんだけど・・・。同業者もしくは討伐者に遭遇した場合、当然ガレーに乗って漕ぎ練成してるだろうから以前のように重量撃っても効果ほとんどないんでしょ?これは厳しいよな~ってね。

とりあえず漕ぎを練成するとしてスキル上げなんだけど、もしやるなら冒険でもしながらのんびり上げるか。冒険スキル結構持ってるのでね。でも冒険って意外と陸地にいる時間も長いから効率としてはいまいちな気もするけど。それか南蛮でもして漕ぎまくるか・・・。それはそれで飽きそうだな~。なんてね。

暇なときにwikiでも覗いてみよ。

ここ何日か現状を把握する為に狩りをしていましたが、一抹の不安をよそに稼ぎは上々でした。四日間、厳密には6時間程の稼働で現金150M、南蛮品1500個程、それと交渉にて頂いたおまけ程度の断片地図3枚。ざっとこんな感じ。十分ですね。

戦闘面は別として、海賊する分にはまだまだいけそうだと分かったのでここらで切り上げ。戦闘面込みでの復帰へ向けて準備期間に入ろうと思う。とは言っても戦闘欲が全くないんですがね。

聞く所によると現役の方々は司令塔付きのラレアルに乗ってる人が多いとか。コンハクなんて時代遅れの産物になってしまったんですかね~。白兵屋じゃないんでいいんですが、一つ問題が・・・。

練習に練習を重ねてなんとか会得しつつあったラム三段攻めという技があったんだけど、これラムダメージだけじゃなくコンハク取れるチャンスもあったんでそれが結構ミソだったんだよねん。だから割引されちゃうな。まぁコンハク取れなくても有効な技には変わりないんだけど。また新たな技を開発できればいいけどなかなか・・・。

とりあえず新たな戦略立てないとって事で船の設計だけは完了。今まで通りの戦い方だと決め手に欠けるだろうから、コンセプトは「ラムアタック更なる高みへ」。諸々準備が整った上で気が向いたら造ってみよう。詳細はその時にでも。

さてさて肝心の準備でございますが、スキル上げやらアイテム類の確保やらやる事はたくさんあります。なにをどこまでやるかは特にまだ決めてないので、撤収の煙玉でも集めながらのんびり考えようかと思います。なんかローマコインと交換出来るようになったんだって。根が海賊なのに、復帰してみたら青ネームになってた人が教えてくれました。感謝感謝。

あそうだ。オスマンPKにちょっかい出した結果返り討ちされて支払った賞金、ここ数日の稼ぎから引いとかないと。テヘッ

実は二日前にこそっと復帰してみた。だいぶ追加要素なんかがあったみたいで、もうよく分かりません。世界観的に驚いたのは産業革命。もうそれ大航海時代じゃないじゃ~ん。なんて誰もが思ったのでしょうね。システム面で驚いたのはナポガレとかの強化回数が増えていた事。それから操帆スキルがパッシブになり効果が変わっていた。R20で船速+10%って言ってたから、1Rにつき+0.5%なのかな?こんな効果よりも、パッシブになった事でスキルの配置が変わった事の方が気になった人多いのでは?なんて思った。

さて、とりあえずインしてみたものの何から手を付けていいか分からない状態。ボーっとしていると旧友から連絡があり、とりあえず海へ出てみる事に。行くとしたらやはり・・・。アフリカへ。道中それはひどいもので、疫病やら壊血病になったら疾病学を使う。浸水になったら桶を使う。そんな事の確認から始まったのだった。テヘッ

アフリカ到着までは人が全然いなくて全く獲物にありつけなかったものの、アフリカに着けばそこそこ人がいた。操作面が相当ひどかったので全然スマートじゃなかったけど、航路の読みに関しては全く勘が鈍っていなかった。良かった良かった。初日は都合1時間半ぐらいで4~5隻襲えました。実入りは少なかったけどねん。がしかし!0時を過ぎた所で南アフリカ無法化のご褒美付きだった!これは嬉しい~。

復帰二日目。やはりなにから手を付けていいか分からない。とりあえずは現状を把握する為に一週間ぐらいは狩りに励もう。せっかく無法化してるしね。操作面ではまだまだおぼつかないけど、それでもなんとかなっている。1時間ぐらいの活動で4隻ぐらい襲えた。今日は実入りが多かったぞ。狭織に湖筆、現金も合計で50M以上だ。うはうは。こんなペースで十分楽しめます。

しかし、同業者や討伐者が来たらコテンパンにやられるだろうな。一度アガラス沖でオスマンオレンジネームと目視できる距離ですれ違ったんだけど襲ってきませんでした。実はちょうど狭織を積んでたので来ないでくれ~なんて思ってたんだけどね。まぁそれでも備えはしてたんだけど先方さんがこちらに気付いたのは完全にすれ違ってからの様で、遠くでUターンしてる動きが見えました。船速差から判断してすぐ諦めてくれたようですけどね。名が売れてないと、こういう時に恩恵を受けられる。ステキッ

とりあえず襲われたりしたら授業料と割り切るしかないか。戦闘面は今のところ興味なく、全く戦う気が起きない。当然スキル上げもやる気なし。再びラムを突き刺す日は来るのだろうか。

のんびり狩りでもしながら、どうするか考えよう。

年末特番の目玉はヒョードルが復帰するんだとか。ビックリ。他にもボブサップと曙だとか、山本キッドだとか。

はい。絶対見ません。

さてさて大航海ですが共有倉庫、スキルブック、船内金庫の課金は切れてるもののプレイ期間だけまだ残ってるのでとりあえずインシテミタ。

加護の現状が気になって数人に聞いてみたけど、戦闘自体が好きなら使わない。とにかく勝ちにこだわるなら使うといった所らしい。

という事は青ネームがとにかく討伐だ!!!なんてテンションで来るなら使ってくるんでしょう。と思ってたら青ネームの中にもあれはどうかといった意見もあるそうな。

ふむ~・・・。とりあえず加護には興味が湧かないので加護を使う人に遭遇したら事故だと思って割り切るしかないか。

実際のところ復帰するかはまだ分かりません。が!

今年お世話になった方達ありがとうございました。よいお年を!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。