諸々の錬金強化も終わったので、前々から考えていたフランスへの亡命を果たしそのまま復帰しました。

復帰後数日間はハワイ沖にて稼業に励む。まずは自走ルートと委任ルートの確認から。自分で委任してみて分かったけど東アジアとサンフランシスコは直で委任できないのね。ハワイを経由する必要がある。そんでもって委任ルートもかなり極端なルート。自走ルートと委任のルートに距離があり過ぎるヨ・・・。

アリデス姉さんの「マディよ。帰っておいで。」という声が聞こえたので南アフリカへ帰還しました。

さすがに以前と比べると人は減っている感が否めないけど、なんとかボチボチやっていけるのかなぁという感じ。

狩りに励んでいると早速ポル国籍赤ネームが検索にかかりました。アピコメからして軍人タイプでしょう。十中八九狙い撃ちに来たんだろうなという印象。さて営業優先モードでいこうか・・・いや、今は一戦でも多くリハビリに励むか!感覚取り戻さないとなってことで軍艦に乗り換え迎撃に打って出る。

がしかし一つ問題が。実は復帰前に数戦タイマンをしていたんだけど修理できなくなる事象がよく発生していて・・・。厳密にはかな~りタイムラグがあってから少し耐久が回復する感じ。その他のスキルは問題なく発動していたのに、修理だけダメ。原因が分からなかったのよね。

頼む・・・。今回だけは頼む・・・。復帰後初戦なんだよ・・・。敵船は将官ラレアル。きっと司令塔迎撃付きでしょう。さてどうなるか。

はい。修理ダメダメでした。耐久800台、相手600台で白兵入った時には壺で耐久拿捕いけないかなんて淡い期待を抱いたんだけど、さすがに無理。白兵抜け後これじゃ撃ち合えないし無理だろうなぁと思った矢先に頭にズドンと貰って終了。

手痛い復帰祝いになりました。バッテン消してダメ元でもう一回仕掛けようかなんて思ったけど残念。いなくなっていました。また見かけたら仕掛けてみるかな。

その翌日、獲物を追いかけ南アフリカを行ったり来たりしているとポル国籍の軍人が海域変わっても検索にヒットし続ける。これまた知らない名前だけど青ネームかな?今夜もお客さんのようです。

遠目に船影を確認しつつケープへ入港。敵船はナポガレのようだ。軍艦へ乗り換え出撃。相手の職は私掠海賊だったもんで、恐らくは白兵押しか甲板マンでしょう。今日は頼むよ修理ちゃん!さて開戦してみると案の定甲板マンでしたが、障壁付けてるもんで数回回避してそのまま砲撃で撃沈に成功したわけですね。修理が効いてくれてよかったヨ!

通常営業に戻りふらふらしてると先方さん諦める気はないのか海域検索にヒットし続ける。どうしようかと思っているとA鯖で遊んでいたアリスと、A鯖のヴェネご陽気海賊カンツォーネ氏(最近皇帝の地位に就任したらしい)が俺も俺も!状態に。その後二人とも撃破したそうで。

ケープにてしばし談笑しているとA鯖からヴェネ海賊が登場!さらにA鯖からフラ海賊が登場!南アフリカの制海権を巡って?ケープ前にてA鯖ヴェネvsA・E鯖混合フラ戦争が勃発!

ヴェネ・フラ海軍入り混じる激戦を繰り広げながらも、商船と思わしき船影が通り過ぎるのを見る度に「あっ・・・獲物が!もったいない!」と思ってしまう。ついつい戦闘よりも人様の積荷に意識がいってしまう性分なのですね。とはいえヴェネ海賊から20Mほど賞金を頂いたので、いい儲けになりましたと。

愉快な一夜でした。
スポンサーサイト

久々に復帰してみました。南米に引きこもり操舵11と漕ぎ10まではなんとか戻ったので切り上げ。

EUに戻り馴染みの顔と久々に談笑。近況について諸々聞いて、戦術研究会という名の検証を行いました。一人で行った事ではないのでひとまず詳細は伏せるけど、副官の事・スキルの事・船のこと・船OPのこと・特定の条件下での検証、特定の事をする為のスキルRボーダーはどこなのか?船OPとの組合わせでどうなるかetc・・・様々な事を検証しました。

小数点以下まで計算し仮説を立てて検証を繰り返した所、仮説通り新たな発見がありました。戦術の幅がグッと広がりそうだなとワクワク。仮説は正しかった!と証明された時はウッヒョー!!!ですね。この結果を元に新たな軍艦を設計中です。ウッヒョー!!!な結果にラム戦術を組み合わせてウッハー!!!したいですね。

とはいえ、軍人思考じゃないので戦闘なんて二の次三の次。狩場の確保をして稼業を安定させるところからスタートしないと。積み荷を頂いて、生計を立てる。まずはここからですね。

そもそもサンフランシスコやらボストンやら・・・上陸すらしたことないのでそこから始めて、アフリカの人通りを確認してと。それから拠点をどこに構えるか決めないとな。

さて何から手を付けようかという事で、まずは追加コンテンツのオーナメント設置効果「奇襲・強襲率減少」の確保。アパランク5まで拡張すれば展示室ってのを購入できるらしい。そこに「奇襲・強襲率減少」の効果が付いているオーナメントを設置すればいいそうな。これのお陰で見張り台がいらなくなりましたねぇ。

でね、ちょっと気になったのが南米からEU帰る時に南米のNPCに3連チャンで強襲受けました。警戒入れてなかったとはいえ強襲率上がってないデスカネ?一応海事Lv80ですよ。さてはアパの設置効果で強襲率に調整入ったか?な~んて頭によぎりました。これなら海事Lvも上げておいた方がいいかな~って事で85まで上げる予定です。

本格復帰はいつになるやら。錬金が一番のネック。追加で強化したい装備もあるし他にも板やら残ってるのでのんびり仕上げていくつもりです。圧倒的鍛錬具不足!!!

ところで副官スキルの防波って発動率100%だったっけ?対波装甲なしの船で一度も高波横波喰らわなかったんですけども。80~90%くらいだった記憶があるんだけど・・・。記憶違いかな?

ポチ・・・。ログインしてみると杭州にいました。なにをやってたのか覚えてない。職はフィリバスタ。ん~・・・やはりなにも覚えてない。せっかくフィリだし、とりあえずEUまで漕ぎ漕ぎしようって事で出発。航海者は二人か・・・。

セレベス海に入ると一人。途中見かけたのでつまみ食い。砂1を入手しました。しかし色ネームがいないな?ジャワ海ならさすがにいるか・・・?なんて思っていたけど一人もいませんでした。その後アフリカからカナリア通って帰ってきたけど全然人がいなかった・・・。

そりゃあそうだよね!だってさ!!鉄道が実装されてるんだもんね!!!

びっくりしたよ。ぷらぷらしてたら数人の方からテルを頂き、商会にも戻ったら現状を色々教えてくれたんですが今の南蛮ルートはアジア→サンフランシスコから鉄道でボストン→EUらしい。それでコッド岬沖が主な狩場になってるそうな。

アフリカオワタ\(^o^)/

なんて思ったのは2秒だけで、世界地図と睨めっこ・・・。ボストン張るのは現役の方々にお任せしてと・・・。やっぱりね、遠洋で高速巡行中に補足したいわけですよ。その方が楽しいじゃん?てことでね、面白そうな所見つけちゃった。候補は二つ。

まず一つ目はアゾレス近辺。ここは何といってもEUから近いから拠点を構える必要がない。南蛮品を頂戴したらそのままEUで売り捌けるという嬉しいメリット。日帰り温泉気分ですよ。その代わりといってはなんだけど、アゾスク修行生がいつもいるでしょうか。検索する際に紛らわしいかも?あとスキル上げ用とはいえ軍艦がどっさりいるのはあまり景観がよろしくないですね。うむ。

二つ目はハワイ。色ネームでも制限なく鉄道は使えるらしいので、ハワイに拠点を構えて奪った南蛮品が溜まったら持ち帰ればいい。今までのアフリカ生活と同じような感じ。「住まいどこ?」「ハワイ。」なんていうウハッな生活が出来ちゃいます。こっちの方が面白そうかな?ただハワイ沖は若干広いので慣れが必要になるかも。実行に移す時が来たら下調べしておこう。

とりあえず誰に聞いても漕ぎ練成は速い速いというのでもう漕ぎ上げします。練成しても結果、通常営業時は帆船に乗るっていう選択肢も無くはないんですが練成してみないことにはどんな感じかわからないですからね~。とりあえずやってみます。しかし板の強化も終わってなかったのでせめてそれだけは終わらせたい。という事で漕ぎは委任放置で上げて、サブで採集やらをしながら錬金強化関連の着手という感じにしばらくはなりそうかな。

なかなかに忙しい日々が続きすっかり忘れていました。ブログの更新頻度を見る限り6月に少し復帰していたらしい。でもほとんどやってない気がするな。確か漕ぎの練成がめちゃくちゃ速いみたいな所で止まってた気がするんだけど、戦闘にもならなかったから漕ぎ練成の脅威を体感しないままだったような・・・。

まぁいっか。とりあえず近々復帰を検討中。で、復帰したらどうするかだ。

確か装備品やら船部品の強化やらが未完成だったのと、漕ぎも未練成。そもそもカンストしてない。とりあえず装備品や船部品は戦闘しなけりゃ関係ないからいいや。戦闘なんて二の次三の次。まずは快適に狩りができるか。緊急時にきちんと対処出来るか。これをクリアしてからじゃないと戦闘なんてやる気起こりません。

さて、問題は漕ぎだ。高速帆船と漕ぎ練成ガレーどっちが速いんだ?移動速度って意味でね。今までの認識だと最高速は帆船、初速はガレーって感じなんだけども。ガレーの最高速が帆船に匹敵するぐらいなの?

今まで乗っていた海賊仕様の竜首船、感覚的に言うと遠洋で最高速度に乗った状態の交易船はウインドジャマーだろうとハイクリッパーだろうと船種問わず補足可能。冒険家の乗るハイクリッパー等はギリギリな所で、相手の操縦次第では補足可能って所だったかな。まぁ冒険家は実入りがないのでいいんですが。これくらいの速度がガレーでも出るんだろうか?もし出るならちょっとやる気でちゃうかも。

まぁこのまま竜首船に乗るって手もあるんだけど・・・。同業者もしくは討伐者に遭遇した場合、当然ガレーに乗って漕ぎ練成してるだろうから以前のように重量撃っても効果ほとんどないんでしょ?これは厳しいよな~ってね。

とりあえず漕ぎを練成するとしてスキル上げなんだけど、もしやるなら冒険でもしながらのんびり上げるか。冒険スキル結構持ってるのでね。でも冒険って意外と陸地にいる時間も長いから効率としてはいまいちな気もするけど。それか南蛮でもして漕ぎまくるか・・・。それはそれで飽きそうだな~。なんてね。

暇なときにwikiでも覗いてみよ。

ここ何日か現状を把握する為に狩りをしていましたが、一抹の不安をよそに稼ぎは上々でした。四日間、厳密には6時間程の稼働で現金150M、南蛮品1500個程、それと交渉にて頂いたおまけ程度の断片地図3枚。ざっとこんな感じ。十分ですね。

戦闘面は別として、海賊する分にはまだまだいけそうだと分かったのでここらで切り上げ。戦闘面込みでの復帰へ向けて準備期間に入ろうと思う。とは言っても戦闘欲が全くないんですがね。

聞く所によると現役の方々は司令塔付きのラレアルに乗ってる人が多いとか。コンハクなんて時代遅れの産物になってしまったんですかね~。白兵屋じゃないんでいいんですが、一つ問題が・・・。

練習に練習を重ねてなんとか会得しつつあったラム三段攻めという技があったんだけど、これラムダメージだけじゃなくコンハク取れるチャンスもあったんでそれが結構ミソだったんだよねん。だから割引されちゃうな。まぁコンハク取れなくても有効な技には変わりないんだけど。また新たな技を開発できればいいけどなかなか・・・。

とりあえず新たな戦略立てないとって事で船の設計だけは完了。今まで通りの戦い方だと決め手に欠けるだろうから、コンセプトは「ラムアタック更なる高みへ」。諸々準備が整った上で気が向いたら造ってみよう。詳細はその時にでも。

さてさて肝心の準備でございますが、スキル上げやらアイテム類の確保やらやる事はたくさんあります。なにをどこまでやるかは特にまだ決めてないので、撤収の煙玉でも集めながらのんびり考えようかと思います。なんかローマコインと交換出来るようになったんだって。根が海賊なのに、復帰してみたら青ネームになってた人が教えてくれました。感謝感謝。

あそうだ。オスマンPKにちょっかい出した結果返り討ちされて支払った賞金、ここ数日の稼ぎから引いとかないと。テヘッ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。